緑内障は失明の危機もある眼病【しっかり治療して目も健康】

笑顔

目の病気を改善するため

眼精疲労

飛蚊症には「生理的なもの」と「病的なもの」の2種類があります。生理的なものは治療の必要がない一方、病的なものは早急に手術が必要となります。飛蚊症が気になったら、まずは眼科で原因をしっかりと調べることが大事です。

Read More...

失明の恐れがある目の病気

困る

緑内障は、目の視神経が次第に死んでいく病気です。日本人の多くが、高齢になるとかかります。目の視力が悪くなったり、視野の欠損などの症状が起こります。放置すると失明の危険もあるので、すぐに病院での治療が必要になります。

Read More...

特徴と注意点

若年性の緑内障治療を受ける人は増えています。放置しておくと、失明のリスクも上がってしまうため、早期的に治療を行ないましょう。

目

緑内障というのは目から脳に映像を伝える視神経という部分が何らかの原因によって障害を受け、視野と呼ばれる目の見える部分が少しずつかけていってしまう病気です。ほっておくと最悪の場合失明することもある病気です。中高年の目の病気としてはとても代表的なものなので、中高年の方はこの緑内障にならないようにするためにも定期的に目の検査を受けることをお勧めします。緑内障は初期の場合はほとんど自覚症状がなく、視野が欠けているなと気づいた時に歯すでに病気はかなり進行している場合が多いです。緑内障の原因は防水という水がうまく輩出されずに眼圧という目の中の圧力が高くなることですが、なぜこのような状態になってしまうのかという事については現在も解明されていません。

先ほども書いて通りに緑内障は発生するメカニズムがいまだ解明されていないためにこれをやっておけば防げるというものがないのが現状です。しかし、視神経への負担を出来る限り減らすことによって眼圧が高くなるという事態をある程度防ぐことは可能です。緑内障になる要因として大きく上げられるのは日常生活の何気ない習慣です。例えば栄養バランスのとれた食事をとらずに偏った食事ばかりとっていたりする、運動をあまりしない、睡眠時間が短いというようなことは緑内障の大きな要因となる眼圧を高めてしまう大きな要因となっています。気付いた時には症状が進行しているといった場合も多いため、緑内障になってしまったらすぐに医師に相談しに行き、なおかつ生活習慣を見直す必要があります。医師に相談しながら、最適の治療方法をとっていきましょう。

健康診断で発見されます

看護師

緑内障は、眼圧の変化から視野が欠損する病気で、早期の治療が必要になります。白内障は紫外線から硝子体が白濁する症状で、程度が軽いと経過観察することもあり、中長期に治療をしていきます。どちらも健康診断で発見されることがあるので定期的に受診しましょう。

Read More...