緑内障は失明の危機もある眼病【しっかり治療して目も健康】

夫婦

目の病気を改善するため

視界を飛び回る影

眼精疲労

目に起きる症状として、飛蚊症というものがあります。これには「生理的なもの」と「病的なもの」があります。ほとんどの場合は「生理的なもの」に分類され問題ありません。生理的なものである場合は、基本的に治療は推奨されません。これは日本での飛蚊症治療の歴史が非常に浅く、治療による目への負担が高いと考えられているためです。ではどうすればいいのかというと、「気にしないこと」が大切になります。軽症の場合は時間が経てば、影が視界の外に移動したり、馴れにより気にならなくなることが多いです。生理的な飛蚊症の原因は硝子体の酸化による濁りです。予防としては目のケアをし疲れさせないこと、睡眠をしっかり取る事が重要です。病的な飛蚊症は網膜裂孔や網膜剥離が原因であり、この場合は早急に眼科などでの手術が必要になります。

その原因と特徴

飛蚊症とは、視界に蚊のような虫が浮遊しているように見える症状のことです。人によって見え方はさまざまであり、虫が飛んでいるように見えたり、糸くずやゴミが飛んでいるように見えたりします。またフィルターのような影が現れることもあります。白い壁や青空を見るとハッキリと飛蚊症が認識できるでしょう。軽症の場合は馴れて気にならなくなる場合があります。しかし飛蚊症が多い場合は日常生活でも常に気になり、眼精疲労やストレスの原因となります。病的な飛蚊症は網膜裂孔と網膜剥離が原因となります。網膜が傷つくことによりそれが光りを遮断し影として現れます。こちらも見え方としてはさまざまですが、剥離の場合は切り口のような大きな影が現れたり、出血により垂れ下がった影が現れることがあります。急激に症状があらわれた場合には注意が必要です。眼科などに行って調べてもらいましょう。