緑内障は失明の危機もある眼病【しっかり治療して目も健康】

夫婦

健康診断で発見されます

目の検査受けていますか

看護師

高齢になると、目に関する悩みが増加していきます。紫外線に長時間さらされていたり、食生活や生活習慣により眼圧が上がったりして、白内障や緑内障を発症させます。名前こそ似ていますが、症状や治療方法が異なります。白内障は硝子体の濁りから視界が霞んでしまう症状で、中長期の経過観察が必要です。程度によっては眼内レンズを入れる手術を行います。緑内障は眼圧の変化から視野が欠損していく病気で、早期の発見、治療が必要になります。緑内障は視野が欠損してしまうと元に戻すのは難しいのですが、片目に欠損が現れてももう一つの眼で視野を補ってしまうため、初期の段階では気が付きにくいのが現状です。定期的な眼底、眼圧検査や視野の欠損を確認する検査を受けるとよいでしょう。

早期発見が大切です

早期に治療の必要な緑内障に対し、白内障は初期の状態では経過観察だけで、すぐに治療をすることがない場合もあります。濁りが酷くなってくると、進行を遅らせる点眼薬を処方してもらい、一日に複数回点眼する治療を行います。重度になるとメガネの度数を替えても硝子体自体の濁りが酷くなるので、眼内レンズを装着させる手術を行います。日帰りや数日入院が必要な場合もありますが、術後は日頃と変わらない生活を行うことができます。白内障の術後は眩しさを強く感じる事があるので、サングラスなどの紫外線対策が大切です。紫外線を浴び続けると、眼内レンズが黄ばんでしまうこともあり、メンテナンスが必要になります。緑内障も白内障も日頃の健康診断で見つかることもあるので、定期的に受診しましょう。