緑内障は失明の危機もある眼病【しっかり治療して目も健康】

夫婦

失明の恐れがある目の病気

高齢の患者が多い目の病気

困る

緑内障は、日本人に多い目の病気といわれています。患者の数は、全国に潜在的に400万人いるといわれています。40歳以上になると、20人に1人がかかっていると言われます。なので、誰もが歳をとるとかかる可能性がある病気といえます。緑内障とは、簡単に言うと、網膜の視神経が次第に死滅していく病気です。次第に目が悪くなり、放っておくと失明の危険があります。視神経が死んでしまうと、ほとんど回復の見込みがないです。緑内障の初期の症状としては、視力の低下、視野の欠損が挙げられます。しかし、これらの症状が起きても、反対の目の視野で補われるので気づかないことが多いです。その他の症状は、眼痛からくる吐き気、頭痛、目がまわる、かすみ目が現れることもあります。緑内障は放置するとどんどん進行して失明するので、早期の病院での治療が大切です。

病院で行う治療

緑内障は失明する可能性があるので、すぐに病院で診断してもらう必要が有ります。緑内障の直接の原因は、眼圧の急上昇だと考えられています。なので、病院での治療は、眼圧を下げることで進行を抑えていきます。しかし、緑内障で死滅した視神経は元に戻らないので、失った視力を取り戻せないです。なので、完全に病気の症状を直すことは不可能といえます。眼圧を下げる一番の方法は、点眼薬です。毎日、定期的に点眼を行うだけで症状は改善されます。点眼薬は患者の症状に合わせて、色々な種類が有ります。なので、眼科でしっかりと検査をしてから、それぞれの患者に適した点眼薬が処方されます。点眼薬でも効果がないくらい症状が悪化している場合は、レーザー治療や手術で治療を行います。